部下の力の育成と

ビジネスの裏ワザ

トップページ
・上司と部下をうまくマネジメントするには。
・上司と部下はライバルではありません。
・上司となって磨かなくてはいけないのは「人間力」です。
・上司の存在意義は「ノルマ達成」です。
・部下に「仕事が楽しい」と感じさせるには。
・理想的な関係は「つかず離れず」です。
・「指示・命令」の後、部下がどの様な動きをするか「観察」することです。
・中間管理職の責任について考えて見ましょう。
・部下のミスを恐れない上司はいません。
・お金・物・時間・人など公私の区別をしていますか?
・時間の使い方、使わせ方を考えて仕事をしていますか?
・あなたが部下に信頼される上司の条件。
・仕事のやり方や生活態度などは「価値観」として現れます。
・「人生の明確な目標」って持っていますか?
・指示する場合は「どのようにして、どうする。」が必要なのです。
・「5W2H手法」についてお話します。
・「5W2H手法」でマニュアル作りをしてみましょう。
・SMARTの法則(スマートの法則)も使います。
・男性は「解決脳」・女性は「共感脳」と覚えましょう。
・「共感脳」ってどう言うの?
・女性の中間管理職で多いのが、「感情脳」になってしまう人。
・部下へのアドバイスは小出しにしましょう。
・現実的な部下と抽象的な部下へアドバイスするには?
・仕事が伝わっているか「確認」することが大事です。
・部下を叱るのが苦手又は叱れない人はいませんか?
 

 
 

部下の力の育成とビジネスの裏ワザを公開!>・理想的な関係は「つかず離れず」です。

理想的な関係は「つかず離れず」です。この距離は冷静に部下を
理解し、状況を正確に知るための部下を観察する距離です。
部下の何を具体的に「観察」していくかと言うと、仕事に対する
意欲はもちろんですが、思考力・気力・行動力など重要です。
それから、長所に短所、得意なものに不得意なものなど知っておくと
部下の能力を引き出せ、活用したり補強したりすることが出来ます。

部下との人間関係は大事にしないといけませんが、情が入って
しまうと冷静な判断が出来なくなってしまいます。上司は一人一人の
性格や能力を掴みそれを活かしシステム的に部下の職場環境を
良くし、群れを統率出来てこそ、中間管理職として価値が付きます。

部下を見つめる目的は、「統率を容易にする。」です。
その為に部下を観察するのです。上司が関心を示さないと、
見捨てられたと部下は思ってやる気をなくしてしまいます。
人は、叱られたりするよりも、相手にされない方が辛いのです。
よく恋愛において愛情の反対は憎しみと思われがちですが、
無関心だとも言われています。
無関心さを感じると部下は急にやる気をなくしてしまいます。

【 姉妹サイト 】

諦めてはいけません。「困った上司」に当たってしまったら対処する方法です。
会社には多かれ少なかれ「困った上司」がいます。
この「上司」から逃げたり、こびたりせず、逆襲されず、立ち向かう知恵をつけてもらおうと考えました。
攻撃を受けたあなたはどうしますか?それを防御し、反撃に出る作戦が必要になってきますよね。
実力社会になって来たと言っても、まだまだ会社は立て会社です。
前向きに困った上司は自分を鍛える為のカベだと、積極的に立ち向かいあなたを鍛えてほしいと思っています。
【困った上司を攻略し、快適なビジネスライフを送る為に自分のスキルもアップさせる方法】

 
 

部下の力の育成と

ビジネスの裏ワザ

・「抽象的な叱り方をしない」
・「できるだけ具体的に話すこと」
・あなたの「叱る」能力をさらにUPする叱り方。
・成績が上がらないけど一所懸命やっている部下にどう叱るか?
・な〜んか要領よくコソコソ手抜きしながら行動している部下にどう叱るか?
・優秀で結果を出だすが自信家で人を見下す姿勢の部下をどう叱るか?
・あなたは部下を褒めていますか?
・目に見えているものの奥には何が見えると思いますか?
・あなたは部下の愚痴を言わないようにしましょう。
・あなたは上司に部下に「信頼」を得ていますか?
・職場での信頼性は毎日の積み重ねです。
・会社での立場やその役割ってどんなことでしょう。
・あなたや部下が6月病になっていませんか?
・やる気が出ない部下の話しをよく聴いてみましょう。
・あなたは「人事考課表」をつけなくてはいけません。
・ベタランさんでも難しい「評価」の話をしましょう。
・血まみれなのが中間管理職です。
・悲しい現実も知っておきましょう。
・あなたのビジネス人生は上役に握られています。
・「現状維持」=「後退」と気付きましょう。
・ココはギブアンドテイクです!
・「うつ病」の1位はビジネスマンなんです。
・魅力ある中間管理職になってほしいと思います。
 

その他

リンク募集中
 

inserted by FC2 system